過給器系は、元々車に備わっている動力や通常廃棄物となっている物を利用してエンジン内への空気流入を高めるシステムです。前者がスーパーチャージャーで、エンジンの動力を利用して過給します。後者がターボチャージャーで、排気ガスを利用して過給します。

 
ターボチャージャーは、大きくタービンとコンプレッサーで構成されています。ターボチャージャーでは、本来廃棄されていた排気ガスを利用しタービンを高速回転させその回転力でコンプレッサーを駆動して空気をエンジンに送り込みます。これによって本来の排気量を超える混合気を吸入、圧縮することができます。

 

一般的には通常エンジン以上の高出力が得られることがターボチャージャーの役割として認識されています。通常エンジン以上の混合気を吸入、圧縮するということは、当然ながら過大な空気に比例した燃料も必要になります。ですから同じ排気量として考えるのならば、ターボチャージャーはNAよりも燃費が悪いということになります。

 

しかしながら見方を変えてターボチャージャーが少ない排気量でそれよりも大きい排気量のNAエンジンと同等のパワーが出せると考えるならば、燃料消費率の良い燃費の低い機構ということになります。ターボチャージャーの本来の役割は、ドッカンターボに代表される様な高出力優先ではなく、少ない排気量でも同等のパワーが得られるという熱効率の向上にあったようです。

 

 
ガリバーの評判