アクチュエーター

| 未分類 |

ターボチャージャーとは、エンジンの排気ガスの流れを利用して、タービンを回転させて、その勢いで吸気量を増大させて、エンジンの出力、トルクを向上させる為の機器です。捨ててしまっていた排気ガスを利用するので、エンジン自体の効率を向上させることが可能です。吸気量を上げる、つまり過給を行う事により、エンジンの排気量以上の出力を得る事が可能です。エンジンの回転数の上昇と共に、排気ガスの流量も増大する為に、ターボチャージャーのタービンの回転数も高くなり、さらに多くの空気をエンジンへ送り込むことが可能です。しかし、際限なく空気を送り込んでいたら、いずれエンジンはブローを起こして壊れてしまいます。その空気量の調整を行うのに必要なのがウエストゲートです。過給圧が高くなると、このゲートから空気をバイパスして、過剰な流入を防ぎます。このゲートの動きを制御するのに必要なのがアクチュエーターです。この機器の作動により過給圧の調整を行います。その制御は、エンジンの負荷状態、車速等を車載のコンピューターが総合判断して行います。最近では、ダウンサイジングエンジンにターボチャージャーによる過給を行い、燃費性能を向上させた車種も登場しています。