ターボ(過給器)によって過給された空気が、アクセルオフなどによってスロットルが閉じられたことでその空気の逃げ場がなくなってしまいます。 逃げ場を失った過給された(圧縮された)空気はタービンに逆流しようとします、逆流するとタービンを壊す可能性があるので、圧縮された空気を逃がしてしまうためのバルブです。 エンジンブローをさせない為のバルブということで「ブローオフバルブ」なのです。

また、ターボタービンが回っている(過給されている・ブースと圧が掛かっている)状態で、アクセルを瞬間的にオン・オフするときのレスポンス(応答性能)を可能な限り落とさせないという働きもあります。 ただ、MT車の場合このバルブを大気開放型にすると派手な音が鳴る(圧縮された空気の排出音)のでこちらの効果を求めて改造する方も見受けられます。 しかし、逆流する空気を途中で抜いてしまうので、測定空気量と実際にエンジン内に入る空気量差が出るため、車によってはエンストしたり調子が悪くなってしまう可能性もあります。 純正のものは、抜いた空気を大気に開放(排出)せずにサクションパイプ(エアクリーナーとタービンのあいだ)に戻すので、音も出ず調子が悪くなることもありません。