ターボ車の構造は圧縮した空気を強制的にエンジン内に送り込みますので、アクセルオフで圧縮した空気は逆流してしまうためそのままではセルオンにした際のレスポンスが悪くなってしまいます。逆流した圧縮空気を外に逃がすことで、レスポンスを落とさず効率良く走ることが可能となりますので、ブローオフバルブによって圧縮空気を逃がしてやるのが主な目的となります。リサーキュレーションバルブとも呼ばれていますが、取り付けることによってタービンを保護することが可能ですから、現代のターボ車にはほとんど取り付けられている機構となります。ノーマル車両では逃がした圧縮空気をエアクリーナーに戻しますが、社外品では大気解放となるため独特の音を発するようになります。リサーキュレーションバルブを取り付けることによってタービンを守り、アクセルオフからアクセルオンに対するレスポンスを落とさずに走ることができるようになります。一方でリサーキュレーションバルブを付けた場合の弊害は、社外品の大気解放では車検に通らなくなる点にあります。純正のようにエアクリーナーに戻す構造では車検に通りますが、大気解放の場合には車検に通らない点を理解して取り付けることになるのです。