自動車には、エンジンの出力を高め、より大きい動力を得る事を可能としたエンジンが搭載されたものがあります。
スポーツカーなど、スポーティな走行性を求められる車種に多く採用されているのがターボチャージャーです。
これは、エンジンないにタービンが内蔵されており、そのタービンを回すことで連動すコンプレッサーから強制的に空気をエンジンに送る機構となっています。
このタービンは風車のような構造になっており、エンジン内で燃料を燃焼させた時に生じる排気ガスを当てることによって動作します。
この送られる空気の圧力はブースト圧と呼ばれ、ブースト圧が高いほど高い出力を得ることができますが、エンジンの強度等を考慮して、適宜調整を行う必要があります。
こうした調整に用いられるものとしてバイパスバルブという機構が利用されています。タービンに当てる排気ガスの量を調整し、余分なものはタービンに当てずに排出する役割を持っています。
このバルブには2種類のものがあり、それぞれアクチュエーター式とウエストゲート式に区別されています。
アクチュエーター式は、比較的小型なため、ターボチャージャーと一体型としての製造が可能です。
ウエストゲート式のものは、大型ですが、その分容量が大きくなるので、安定したブースト圧を確保できるのが特徴となっています。