ターボチャージャーとは内燃機関の効率を高めるための過給きのことで、車の場合単にターボと呼ばれることが多いものです。 通常であると排気管から、外に排出されていた排気ガスを利用することで、タービンを高速回転させることで、 その回転力でコンプレッサーを駆動させ、圧縮された空気をエンジン内に送り込むことで、エンジン本来の排気量を越える出力を出すことができるようになります。 また、排気ガスを利用することから、本来なら廃棄されていたエネルギーを回収することが出来、更に熱効率が高まることで、 燃費が向上し、排気ガスの有害成分を減らすことも出来ます。

このような特徴から車に搭載するメリットとしては、排気量を超える出力を得られること、 また排気量を超えられる出力を得られることで、エンジンのサイズを小型化することができるメリットがあります。

一方のデメリットとしてはまず第一にターボラグと呼ばれる、ターボの構造上スロットル操作に対する反応の遅れが、 あげられます。 次にタービンが非常に高温となるため、オイルの管理が非常に重要となり管理を怠ると、 エンジンオイルの劣化によりターボの故障だけではなく最悪、エンジンまで故障してしまうと言った点がターボのデメリット言えます。