ウエストゲート

| 未分類 |

ターボチャージャーはエンジンの排気ガスのエネルギーを利用してタービンを回すことにより、より多くの空気をエンジンの燃焼室に送り込む空気の過給器です。ここで、ウエストゲートとはタービンに流れる排気ガスの流量を調整するための通路のことで、通常はバルブの開閉によってタービンに流れる排気ガスの流量を制御します。過給エンジンでは出力を出したい時にはこのバルブを閉めて多くの排気ガスがタービンの方向へ行くようにすることによって、より多く過給するようにしますので、それに伴い過給によって生じる圧力(過給圧)も増大していきます。しかし、過給圧が上がり過ぎるとエンジンや過給器自体が壊れてしまいます。それを防ぐためには上がり過ぎた過給圧を下げる必要が有ります。そのため、バルブを開けてタービンに流れる排気ガスをバイパスさせることによって圧力を逃がすして過給圧を下げます。昔のターボチャージャーは出力重視で燃料を多く消費したために排気ガス規制に対応することが出来なくなり廃れてしまいました。近年、大排気量エンジンに代わって小排気量エンジン+ターボチャージャーという形でターボチャージャーが復活してきました。これは、常用域以外の出力が欲しい時だけターボーチャージャーを使い出力を補う事で燃費を向上させようという狙いによるものです。